審美治療

審美治療|秋葉原UDX歯科クリニック

審美歯科って何?

審美歯科とは、単に虫歯の治療をするだけではなく患者様1人ひとりに対して美しさと自然な口元を実現する治療です。ただ歯を白くするだけではなく、「歯の機能を回復する」ことも同時に行っていきます。

当院の審美へのこだわり・・・

『きれいで、咬めて、長持ちする』をコンセプトとしております。

食事は毎日行ないます。 違和感や痛みがなく食事ができなければ、きれいに並んでいても100%の満足は得られません。 私達は初めにきちんと審査・診断した上でトータルで患者様に理想的な治療法をいくつか提示し決めてもらいます。 決して押し付けの治療は行いません。
十分に理解し納得いくまで説明していきます。

かみ合わせと審美・・・

『セラミックできれいな歯にしましょう。』

きれいな歯であることは皆様が望むことだと思います。
しかし、・・・歯は飾り物ではありません。
毎日眺めるものではありません。
毎日のお食事やおしゃべりのときに上下の歯が噛まなければいけません。
当院では、『きれいで長持ちして、噛める歯』 に変えるための治療を常日頃より考え行っております。

歯周病と審美・・・

『歯周病は審美治療にとって天敵です』

地盤がしっかりしていない土地にすごくきれいでおしゃれなビルを建てても地震がきたら倒壊してしまいます。
しっかりした地盤を作ることができれば、地震にも強く安心して生活することができます。
歯も周りの歯肉や骨も歯周病の状態のまま歯だけをきれいなセラミック治療をしてもその後何年後かには抜けてしまいます。
当院では歯周病治療を怠らず、時間をかけて地盤をしっかり作った上での審美治療を行っております。

オールセラミックシステム

セラミックとは歯科用の陶器です。
金属を使用しないため透明感があり天然の歯と区別がつきません。
色も天然の歯と同じ色に作りますし変色することなく一生変わりません。
金属を使用すると光を遮断しはぐきに影ができますが、オールセラミックは影を作らずはぐきが黒くなりません。
また金属の色がはぐきに移ることもありません。
近年セラミック材料の進歩に伴い金属を使った物に負けないぐらいの強度ができたため、奥歯でのセラミックの使用も可能になりました。
これからはオールセラミックの時代です。

当院の治療例

オールセラミッククラウン装着前   オールセラミッククラウン装着後

ハイブリッドセラミックシステム

ハイブリットとは、 セラミックスにプラスチック(樹脂)をまぜたかぶせ物です。
プラスチック素材を使用することでかぶせ物に軟らかさを求めております。
セラミックのみですと 歯軋りが強い方、くいしばりが強い方は
粘りがないためチップすることがあります。
そういう患者様にはハイブリットセラミックをお勧めさせていただく場合があります。
プラスチックが混ざっているため長年使用すると少しずつ変色を起こします。

当院の治療例

ハイブリッドインレー装着前
(矢印のところと奥の銀歯)
  ハイブリッドインレー装着後
(矢印のところと前の歯合計3本)

ハイブリッドインレー
治療前
(矢印のところ)
  ハイブリッドインレー
治療中
(矢印のところ)
  ハイブリッドインレー
治療後
(矢印のところ)

メタルボンド(MB)

メタルボンドとは、セラミックの中に金属の裏打ちがあるものです。
オールセラミックができるまでは、長年審美治療で使われていた安定した材質です。
オールセラミッククラウンと同様に外側はセラミック材料を使用するため綺麗な歯をかぶせることができます。
金属を使っているため光を遮断し、はぐきに影ができたり、また金属の色がはぐきに移ることがあります。

金属とセラミックの違い


何年か使用していた金属の内面
金属の腐蝕を見ることができる

金属は時間の経過とともに劣化を起こします。
新品の10円玉は最初は輝いていますがいろいろな人の手に渡るに連れて光沢が消えて変形していきます。
同様にお口の中の金属も長い年月唾液や食べ物が触れ続けると劣化やひずみが起こり隙間が生まれるのです。
対してセラミックは金属ではないため腐蝕は起こりません。
お茶碗などずっと変わらず同じ形で色あせなく使用するこができるように お口の中でずっと同じ状態をキープできるのです。